競馬回収率研究所

1点買い(ローリスクハイリターン)にこだわった競馬予想ブログです

新年のご挨拶<2021年>

新年明けましておめでとうございます。
 
昨年は当ブログ「競馬回収率研究所」を御覧頂きありがとうございました。
 
本年も引き続きよろしくお願い申し上げます。
 
 
昨年はブログ執筆に多くの時間を割いて参りましたが(記事ネタのためのデータ分析等の時間含む)本業(会社員)へ支障がでるケースも目立ち、本年は以下のようなスタイルでブログを運営させて頂きます。
 
1.傾向データ
こちらのカテゴリーは今年から廃止いたします
理由は閲覧数が少ないこと(平日更新のため)と本業との兼ね合いのためです
 
2.重賞1点予想/勝負レース1点予想
こちらは昨年通りのペースで記事をアップしていきます。
的中率/回収率改善のため、単勝1点勝負をメインとしますが、連系、3連系参考のため予想印(◎☆▲)もアップします。
また、昨年以上にデータからの傾向性を重視した予想スタイルにシフトしてきます。
 
・人気=過去の同レースの傾向から勝率/単回値の高い人気帯を評価します
・枠/4角位置=前週のコースの傾向から勝率/単回値の高いポジションを評価します
・種牡馬=前週のコースの傾向から勝率/単回値の高い種牡馬の父系統を評価します
・間隔=当該馬の出走間隔のレース実績を評価します
・季節=当該馬の出走月前後か月のレース実績を評価します
 
3.投資競馬Project
こちらは1~3月までお休みを頂きます
12月の成績が不調に終わったため、基準となるデータを見直すためのお時間を頂きたく思います。
単に勝率の高いデータ、回収率の良いデータを利用してきましたが、データとは過去の実績の集合であり、それを未来の馬券に効率利用するためには「データの再現性」が必須条件であることを痛感致しました。
主に種牡馬を切り口にしてデータを集めておりますが、母系統、年齢、牡牝別、良重別、クラス別、ローテーション、距離などのファクターを再現性を検証しながら分析をすると膨大な時間がかかります。
金杯に間に合わせようとすれば拙速なデータにならざるを得ず、それでは記事としての価値を担保できないと考えました。
よって十分に検証したデータを記事に使わせて頂きたくお時間を頂くためお休みさせて頂く事としました。
高松宮記念の週を復帰の目標として、残金は先週までの20,600円でリスタートさせて頂く予定です。
何卒よろしくお願い申し上げます。
 
長くなりました、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
 
 
ブログ管理人 ぐらす