競馬回収率研究所

1点買い(ローリスクハイリターン)にこだわった競馬予想ブログです

第25回 秋華賞(GⅠ)◆◆重賞1点予想◆◆

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
先週はサウジアラビアRC「毎日王冠京都大賞典を予想。
 
 サウジアラビアRC
   2  :  4   ▲10買い目:◎→☆ 馬連> 
 
毎日王冠
   3  :  1   :  2買い目:◎ 単勝> 
 
京都大賞典
 10  :  6   :  3買い目:◎-☆ 馬連> 
 
 
<トータル成績>
 
的中率:6/74 <8.1%>
回収率:10,110/7,400 <136.6%>
 
※ 回収率は1レースあたり投入金額100円で計算しています
 
 
 
 
京都競馬場芝2000mで行われる3歳牝馬による三冠レース最終戦。
 
今年は史上初の無敗での三冠達成に注目が集まる一戦。
 
秋華賞は桜花賞、オークス(直線長く坂がある)とは異なり直線が短い内回りコース+平坦と荒れる要素は多い。
 
しかしながら過去10年の連対馬20頭中18頭は5番人気以内の馬で決着しており配当は意外に堅い傾向だ。
 
 
本命はウインマイティー
 
オークスでは13番人気の低評価を覆す好走(3着)をみせており能力は確か。
 
前走では後方からの競馬になったものの4角12番手から上がり1位の末脚で6着まで追い込んでおり、敗れたとはいえ改めて高い能力を示した形だ。
 
ゴールドシップ産駒らしい持久力に優れた末脚は秋華賞への適性としてはピカイチ。
 
スタートさえ決めて中団の内で脚を貯められればオークスで示した能力から十分に上位争いになるだろう。
 
 
対抗はデアリングタクト
 
説明不要の無敗の2冠馬。実績では間違いなく断トツでナンバーワンの存在。
 
ただ京都の内回りは紛れが生じ易いコースでもあり能力だけで着順が決まらないケースもある。
 
また、秋初戦ということで夏を越しての成長力も不透明なところだ。
 
春の実績と能力から勝つ可能性が最も高い馬と認めつつも馬券としては圧倒的に人気を集める存在だけに配当的妙味を考えれば2着・3着を想定して対抗に留める馬券戦略も一考だろう。
 
 
3番手はムジカ
 
3走前、2走前のような持久力勝負の前傾ラップ、前走のような瞬発力勝負の後傾ラップ、どちらの流れでも追い込めており展開不問の安定的な末脚を武器とする本馬。
 
前走で一線級相手にも差し脚が通用するのは証明済みだ。
 
秋華賞では持久力勝負の前傾ラップとなる傾向があり、内回りコースで早めに仕掛けた先行勢が崩れたところを差し・追込み勢が台頭するのは一つのパターンとなっている。
 
この傾向から本馬の適性がハマる可能性はあるだろう。穴なら面白い1頭だ。
 
 
 
 
 
 
 
◎ 05 ウインマイティー
 
☆ 13 デアリングタクト
 
▲ 07 ムジカ
 
 
 
 
◎ 05 ウインマイティー
 
☆ 13 デアリングタクト
 
 
◎-< 馬連 >1点買い
 
 
 
◆◆危険な人気馬公開◆◆
++ 秋華賞 ++
⇒⇒ 人気ブログランキングへ
( ランキング欄にて/10位前後 )
 
 

競馬・データ理論ランキング