競馬回収率研究所

1点買い(ローリスクハイリターン)にこだわった競馬予想ブログです

第34回 セントウルステークス(GⅡ)◆◆重賞1点予想◆◆

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
先週は「札幌2歳S「小倉2歳S「新潟記念を予想。
 
 札幌2歳S
 ◎:  6  :  9   ▲:  5買い目:◎-☆ 馬連> 
 
 小倉2歳S
 ◎:  2  :  4   ▲:  ----買い目:◎-☆ 馬連
 
新潟記念
 ◎:  3  :  9   ▲:  6買い目:◎-☆ 馬連> 
 
 
<トータル成績>
 
的中率:5/62 <8.0%>
回収率:6,130/6,200 <98.8%>
 
※ 回収率は1レースあたり投入金額100円で計算しています
 
 
 
 
秋のスプリントG1であるスプリンターズSへ向けたステップレースとしての位置づけとなる当レース。
 
例年、阪神競馬場での開催となるが今年は中京競馬場での開催。
 
中京コースは割とリピーターの活躍が目立つコースであり、例年の傾向よりも中京コースへの適性に注目して狙いを絞り込みたい。
 
 
本命はミスターメロディ
 
ファルコンS、高松宮記念と中京の重賞は2戦2勝のコース巧者。
 
近走は条件の合わないレースに出走して大敗続きであったが、適性の合う中京芝レースへの出走なら話は別だろう。
 
比較的内枠有利の当コースで4枠7番なら悪くない。
 
スタートさえ決めて好位の内目を追走できれば好勝負間違いなしだろう。
 
 
対抗はクリノガウディー
 
2歳時は朝日杯FSで2着など早くから高いパフォーマンスを見せていた同馬。
 
人気を集めては大敗するなど難しいムラ馬の一面をみせてはいるものの、こと中京コース出走時に関しては中京記念2着、高松宮記念4着(1着入線後降着)と崩れなく走っているコース巧者だ。
 
今回は高松宮記念1着入線時と同コースだけに期待も高まるが、開幕週のレースでやや外目の枠を引いてしまった。
 
鞍上も若手騎手を起用しており、その分だけやや評価を下げて対抗とする。
 
 
3番手はセイウンコウセイ
 
7歳馬だが、この馬もコース巧者の1頭。
 
2017年の高松宮記念優勝馬。
 
毎年のように高松宮記念に出走しているが大敗はなく0.4秒差以内に好走している。
 
前走の安田記念は明らかに距離が敗因であり度外視できる一戦。
 
前々走の京王杯SCでも0.3秒差に好走するなど力の衰えはなく得意舞台に戻れば大崩れなく走ってくるだろう。
 
 
 
 
 
 
 
◎ 07 ミスターメロディ
 
☆ 15 クリノガウディー
 
▲ 06 セイウンコウセイ
 
 
 
 
◎ 07 ミスターメロディ
 
☆ 15 クリノガウディー
 
 
◎→☆ < 馬単 >1点買い
 
 
 
◆◆危険な人気馬公開◆◆
++ セントウルS ++
⇒⇒ 人気ブログランキングへ
( ランキング欄にて/8位前後 )
 
 

競馬・データ理論ランキング