競馬回収率研究所

1点買い(ローリスクハイリターン)にこだわった競馬予想ブログです

第65回 京成杯オータムハンデ(GⅢ)◆◆重賞1点予想◆◆

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
先週は「札幌2歳S「小倉2歳S「新潟記念を予想。
 
 札幌2歳S
 ◎:  6  :  9   ▲:  5買い目:◎-☆ 馬連> 
 
 小倉2歳S
 ◎:  2  :  4   ▲:  ----買い目:◎-☆ 馬連
 
新潟記念
 ◎:  3  :  9   ▲:  6買い目:◎-☆ 馬連> 
 
 
<トータル成績>
 
的中率:5/62 <8.0%>
回収率:6,130/6,200 <98.8%>
 
※ 回収率は1レースあたり投入金額100円で計算しています
 
 
 
 
秋のマイル重賞ハンデ戦。
 
格よりも勢いのある馬が好結果を残す傾向にあり血統的にはサンデーサイレンス系が優位な傾向にある。
 
昨年はロードカナロア産駒トロワゼトワルが軽快に逃げてレコード勝ちしたレースだが、傾向的にはハイペースにより先行勢が潰れて差し追込み勢が台頭するケースが多い。
 
 
本命はアンドラステ
 
8戦4勝で馬券内を外したのは初重賞挑戦だった不良馬場のエプソムC(4着)のみである。
 
前走の関屋記念は内が荒れた新潟コースにおいて内枠が顕著に不利な傾向にある中、2枠3番という内枠スタートで上位入線(3着)を果たし、負けて強しの競馬をみせた。
 
今回は開幕週の綺麗な馬場で競馬ができそうで枠も内目の好枠を引いた。
 
鞍上もルメール騎手を配して陣営としても勝負レースということだろう。
 
 
対抗はアストラエンブレム
 
既に7歳馬ながら前々走は谷川岳S1着など力は衰えていない印象
 
中山マイル戦巧者でOP以上のレースで3戦して<0-2-0-1/3>の成績である。
 
混戦のなかでコース適性が大きなアドバンテージとなりそうで2番手評価。
 
 
3番手はミッキーブリランテ
 
3歳春の時点ではシンザン記念0.2秒差やアーリントンC0.1秒差などマイルでトップクラスの活躍をしていたものの長らく3勝クラスの壁に阻まれて出世が遅れていた同馬。
 
錦Sで3勝クラスを突破すると中京記念5着、関屋記念4着と重賞でも通用する実力をみせた
 
今回はハンデ戦のため54kgと斤量面で恵まれたことに加え、同馬をよく知る坂井騎手に手綱が戻った。
 
血統的にサンデーサイレンス系(特にディープインパクト系)が走る同レースの傾向とも合う。
 
展開一つで上位入線の可能性は大いにありそうで3番手評価とする。
 
 
 
 
 
 
 
◎ 05 アンドラステ
 
☆ 14 アストラエンブレム
 
▲ 13 ミッキーブリランテ
 
 
 
 
◎ 05 アンドラステ
 
☆ 14 アストラエンブレム
 
 
◎-☆ < ワイド >1点買い
 
 
 
◆◆危険な人気馬公開◆◆
++ 京成杯AH ++
⇒⇒ 人気ブログランキングへ
( ランキング欄にて/8位前後 )
 
 

競馬・データ理論ランキング