競馬回収率研究所

1点買い(ローリスクハイリターン)にこだわった競馬予想ブログです

第87回 東京優駿<日本ダービー>(GⅠ)◆◆重賞1点予想◆◆

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
先週は「平安ステークス「オークス」と2重賞を予想。
 
平安ステークス   ◎:圏外 ☆:1着  △:5着  <三連複>
 
優駿牝馬(オークス)◎:4着  ☆:圏外  <ワイド>
 
 
<トータル成績>
 
的中率:1/32 <3.1%>
 
回収率:1,180/3,200 <36.8%>
 
※ 回収率は1レースあたり投入金額100円で計算しています
 
 
 
 
1.前走クラス別成績
 
過去5年3着内15頭のうち、
 
OP特別:1/15頭 / G2/G3:3/15頭 / G1:11/15頭
 
 
2.OP特別
前走OP特別で3着以内は2018年コズミックフォース3着のみ。
 
前走プリンシパルSに出走して1番人気1着であった。
 
よって前走1番人気1着ならOKとする。
 
<該当馬>
なし
 
 
3.前走G2/G3
 
前走逃げ・中団・マクリから3着内1頭ずつ。脚質により優劣はみられない。
 
上がり3Fの時計は1-3位が優勢だが、4位以降でも2着の実績がありファクターとして重視する必要はなさそう。
 
 
 
 
前走の人気・着差の関係は上表の通り。
 
前走2番人気以内かつ1着馬か、2番人気以内かつ着差なし(0.0秒)の馬が候補となる。
 
(該当馬)
なし
 
 
4.前走G1
 
勝率では後方からの追込馬が一番優位。連対率では中団・後方。
 
複勝率までみれば先行・中団・後方となる。
 
上がり3Fの時計は3位以内が望ましい。
 
 
 
前走の人気・着差の関係は上表の通り。
 
①前走9番人気以内の1着馬
 
②前走5番人気以内かつ0.9秒差以内
 
上がり3Fが3位以内が望ましい。
 
(該当馬)
コントレイル
サリオス
 
 
 
 
 
 
 
皐月賞はコントレイルとサリオスのマッチレースで3着に3馬身1/2(0.6秒差)の差を付けた。
 
3着のガロアクリークはコントレイルと同じような位置から競馬をしているが上がり3Fの時計はコントレイルが34.9に対してガロアクリークは35.7で後半3Fにて致命的な差を付けられている。
 
4着のウインカーネリアンは2番手から積極的な競馬をしたが、上がり3Fは36.5かかっており4番手から先行したサリオスの35.4と比べると致命的な差となっている。
 
良馬場に回復してキレが増すサトノフラッグ、東京へのコース替りがプラスのワーケア、距離延長で変わり身が期待されるアルジャンナ、ヴェルトライゼンデ、ブラックホールなど伏兵陣は多彩であるが、皐月賞の2頭のパフォーマンスが圧巻であり絶対能力で突き抜けていると判断できる。
 
先週のオークスでも同様なことが言えるが、この時期の3歳戦は「能力>適性」であり、細かいことは抜きにして素直に能力が2枚も3枚も抜けている2頭を評価しようと思う。
 
過去10年皐月賞で1着馬から0.6秒以上離された馬がダービーで巻き返す確率は勝率で2.1%、複勝率で6.3%しかない。
 
競馬の祭典<日本ダービー>。今年は強い2頭の競馬を楽しむレースにしたい。
 
 
 
 
◎ 05 コントレイル
 
☆ 12 サリオス
 
 
◎→☆ < 馬単 >1点買い
 
 
 
◆◆危険な人気馬公開◆◆
++<日本ダービー++
⇒⇒ 人気ブログランキングへ
( ランキング欄にて公開/5位前後 )
 
 

競馬・データ理論ランキング