競馬回収率研究所

1点買い(ローリスクハイリターン)にこだわった競馬予想ブログです

第25回 NHKマイルカップ(GⅠ)◆◆重賞1点予想◆◆

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
先週は「青葉賞「天皇賞・春」と2重賞を予想。
 
青葉賞 ◎:圏外 ☆:1着
 
天皇賞・春 ◎:1着 ☆:圏外
 
1頭は勝ち切ってくれたものの、もう1頭が圏外という悔しい結果に。
 
<トータル成績>
 
的中率:1/25 <4.0%>
 
回収率:1,180/2,500 <47.2%>
 
※ 回収率は1レースあたり投入金額100円で計算しています
 
 
 
 
1.前走成績
 
前走1着馬は何故か馬券に絡む確率が低い。
 
<0-1-0-21/22>複勝率4.5%
 
これは恐らくローテーションの問題で主要ステップレースや桜花賞、皐月賞からの転戦組は出走間隔4週以下で出走せねばならず、最後まで全力で走り切って1着になった馬は疲労が抜けていない可能性が高い。
 
過去5年の複勝圏内15頭のうち、前走2着以下かつ着差0.5秒差以内の馬が12頭を占める
 
<4-3-5-28/40>複勝率30.0%
 
(該当馬)
ウイングレイテスト
ギルデッドミラー
サクセッション
ソウルトレイン
プリンスリターン
ボンオムトゥック
ラウダシオン
レシステンシア
 
 
2.前走脚質
 
条件(前走成績)クリアした40頭のうち、前走、中団~後方待機戦法の馬が10頭を占める
 
<4-2-4-20/30>複勝率33.3%
 
(該当馬)
ウイングレイテスト
サクセッション
ボンオムトゥック
 
 
 
 
 
 
 
◎ 本命馬
 
前走、ニュージーランドトロフィーで4角不利がありながら0.1秒差3着に好走したウイングレイテストを本命視。
 
4角で勝ち馬ルフトシュトロームに突き飛ばされなければ際どい勝負になっていただろう。
 
坂を上ってゴール板直前で差を詰めていたように、まだ脚を余していたようにもみえた。
 
東京の長い直線での伸び比べになれば前走勝ち馬も十分逆転可能だろう。
 
4年目の若手である横山武史騎手の初G1制覇に期待する。
 
 
☆ 対抗馬
 
シャインガーネットを相手に抜擢。
 
前走1着馬のデータに引っかかるが、前走から8週空けての出走であり4~5週で出走するパターンとは違う
 
左回りに強く、3走前の赤松賞では同舞台の東京芝1600で完勝。
 
イズジョーノキセキ、セイウンヴィーナス、スマイルカナら強敵相手のものだけに価値が高いだろう。
 
前走、ファルコンS組からの実績はないが、この馬自身マイルで2勝挙げており距離は問題ない。
 
前傾ラップを経験したという意味では却ってプラスに働く可能性もある。
 
NHKマイルCは過去5年で2頭の牝馬の勝ち馬を出しており、こういったデータも後押し材料となるだろう。
 

 

 
 
 
◎ 18 ウイングレイテスト
 
☆ 05 シャインガーネット
 
 
◎-☆ < ワイド >1点買い
 
 
 
◆◆データから浮上◆◆
++鉄板/穴馬 おススメ軸馬公開++
⇒⇒ 人気ブログランキングへ
( ランキング欄にて公開/5位前後 )
 
 

競馬・データ理論ランキング