競馬回収率研究所

1点買い(ローリスクハイリターン)にこだわった競馬予想ブログです

第29回 アーリントンカップ◆◆重賞1点予想◆◆

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
先週は「NZ「阪神牝馬S」「桜花賞」と3重賞を予想。
 
残念ながら全レース不的中でした。
 
<トータル成績>
 
的中率:0/16 <0.0%>
 
回収率:0/1,600 <0.0%>
 
※ 回収率は1レースあたり投入金額100円で計算しています
 
もう1頭買うならこの馬>
 
2-3-1-6/12 複勝率:50.0%
 
 
 
 
 
1.人気の傾向
 
過去5年・同レースデータより集計
 
 
1~4番人気の複勝率と4~9番人気の複勝率が同率になっている。
 
伏兵台頭の余地あり(少~中波乱レース)と判断する。
 
(想定人気)
1番人気    タイセイビジョン
2番人気    ギルデッドミラー
3番人気    プリンスリターン
4番人気    グランレイ
5番人気    トリプルエース
6番人気    ボンオムトゥック
7番人気    ジュンライトボルト
8番人気    ノルカソルカ
9番人気    チュウワノキセキ
 
 
2.本命馬(想定1~4番人気)
 
 
前走1着馬の成績は不振。
 
1勝クラスからの昇級馬の苦戦もあるがシンザン記念勝ち馬2頭(ヴァルディゼール、キョウヘイ)も含んでいる。
 
前走、OP特別か重賞で2~3着馬が狙い目。
 
 
血統的にはサンデーサイレンス系の不振が目立つ。
 
12頭出走して1着1回、3着1回のみ。
 
1-4番人気に限定したデータでこの戦績は疑ってかかりたい。
 
(本命馬候補)
 
タイセイビジョン
 
プリンスリターン
 
 
3.対抗馬(想定4~9番人気)
 
 
前走、1勝クラスからの昇級組は<0-0-0-6/6>で全て圏外。
 
前走、未勝利からの昇級組は<0-0-1-2/3>で複勝率33%。
 
1勝クラス組は軽視、未勝利組は要注意といったところか。
 

f:id:lesmon:20200417191536p:plain

 
前走から延長ローテ組はデータ上、明らかに成績が悪い。
 
前走から同距離、または短縮ローテの馬を中心にする。
 
(対抗馬候補)
 
ノルカソルカ
 
 
 
 
 
 
 
本命はタイセイビジョン。
 
前走、朝日杯0.4秒差の2着はこのメンバーでは頭一つ抜けた実績といっていい。
 
血統的にも、当レースと相性のいいノーザンダンサー系で信頼度も増す。
 
父、母父ともにパワーを備えた産駒が多く、雨が残っても問題なさそうで本命に推す。
 
対抗はノルカソルカ。
 
未勝利を勝ったばかりだが、データ上は未勝利からの複勝率は33%で通用していい。
 
新馬戦は0.1秒差の2着であったが、勝ち馬は毎日杯を制したサトノインプレッサ。
 
この点からも素質を秘めたダークホースの可能性はある。
 
未勝利を勝ちあぐねていたが、前走は逃げて後続に0.6秒差と素質開花を感じさせるもの。
 
先週、桜花賞を制したデアリングタクトと同じエピファネイア産駒で阪神マイルなら期待も高まる。
 
 
 
 
◎ 06 タイセイビジョン
 
☆ 01 ノルカソルカ
 
 
◎-☆ <馬連>1点買い
 
 
 
◆◆データから浮上◆◆
++メインレース前の勝負レース++
⇒⇒ 人気ブログランキングへ
( ランキング欄にて公開/5位前後 )
 
 

競馬・データ理論ランキング