競馬回収率研究所

1点買い(ローリスクハイリターン)にこだわった競馬予想ブログです

第57回 報知杯弥生賞ディープインパクト記念◆◆重賞予想◆◆

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
● 先週芝コースの傾向
 
 
 
勝ち馬はサンデーサイレンス系と
 
ミスタープロスペクター系、ノー
 
ザンダンサー系から出ている。
 
血統的には、この3系統が中心。
 
脚質的には逃げと先行が圧倒的に
 
有利な状況。
 
中団から後ろの馬が差し切るには
 
相当な能力差か展開の助けが必要。
 
枠順の4枠より内が有利な傾向がある。
 
 
 
● 過去5年レースの傾向
 
1)人気
1番人気:2勝、2番人気:2勝、
 
8番人気:1勝となっている。
 
2着は1番人気:1回、2番人気:1
 
4番人気:1回、6番人気:1回、8
 
人気:1となっている。
 
 
2)前走成績
1着馬の前走はOP特別か重賞に出走
 
して1着。
 
2着馬の前走はGⅠで0.5秒差以内か
 
その他レースで1着。
 
 
 
◉ パンサラッサ
 
◆能力
191012未勝利戦 1着(2.5秒差)。
 
若駒S(L) 4着(0.4秒差)。
 
不良馬場で圧巻のパフォーマンス。
 
良馬場のOP特別でも好走している。
 
 
◆適性
2000mは未勝利勝ち、OP特別好走と
 
実績ある舞台。
 
中山芝はホープフルSで経験済み
 
現在の内前有利の馬場は逃げを打つで
 
あろう同馬にとっては大きな味方。
 
 
◆短評
前日夜からの雨で稍重~重でレースが
 
行われる見込み。
 
父、母とも欧州のパワー型血統で時計
 
のかかる馬場、力の要る馬場が得意で
 
ある可能性が高い。
 
それを証明するかのように昨年10月の
 
未勝利戦では不良馬場で後続を2.5秒
 
も突き放す圧勝劇。
 
良馬場では実績馬相手に分が悪いが、
 
馬場が悪化すれば適性面に勝る同馬の
 
優位性が際立つだろう。
 
現在の馬場傾向、馬場が緩むことによ
 
る瞬発力より持続力が問われる状況は
 
逃げを打つであろう同馬にとって極め
 
て有利であり、昨年のような波乱の
 
使者となる可能性に期待したい。
 
 
◯ ワーケア
 
◆短評
ホープフルS 3着の実績が示すように
 
能力では出走メンバー中トップクラス
 
なのは間違いない。
 
サンデー系らしく切れ味ある末脚を
 
武器とするだけに雨で緩んだ馬場は
 
割引材料。
 
それでも絶対能力で好勝負可能だろう。
 
 
 
 
 
◉ 03 パンサラッサ
 
◯ 08 ワーケア
 
▲ 07 メイショウボサツ
 
△ 09 アラタ
 
 
 
 
単勝  ◉   <1点>
 
馬連  ◉⇒◯▲△   <各1点>
 
 
合計 4点 買い
 
 
 
◆◆メインレース軍資金稼ぎ◆◆
++データからの穴馬公開++
⇒⇒ 人気ブログランキングへ
( ランキング欄にて公開/10位前後 )
 
 

競馬・データ理論ランキング