競馬回収率研究所

1点買い(ローリスクハイリターン)にこだわった競馬予想ブログです

第37回 フェブラリーステークス◆◆重賞予想◆◆

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
● レースの傾向
 
1)人気
過去5年間で1着馬は1~4番人気、
 
2着馬は1~5番人気から出ている。
 
比較的堅めのレースと言えるだろう。
 
2)前走着差
1着馬の前走は勝っていることが条件。
 
負けはGⅠのみ許容範囲。
 
2着馬の前走は勝っているか、負けて
 
0.2秒差以内が条件。
 
前走重賞のみ1.0秒差以内許容範囲。
 
3)前走クラス
1着馬の前走は重賞のみ。
 
2着馬の前走は重賞のみ
 
4)脚質
今開催の東京ダート1600mは逃げが
 
圧倒的に有利(勝率20%)。次いで
 
先行~中団グループ(勝率8%)。
 
後方からの勝ち馬は0頭。
 
過去5年間の傾向でも逃げと先行優位。
 
後方からの追込みは極めて厳しい。
 
 
 
 
◉ モズアスコット
 
◆能力
前走の根岸Sでは完璧なレース運びを
 
したコパノキッキングを力でねじ伏せ
 
ている。
 
初ダートであの走りであれば、GⅠの
 
この舞台でも可能性は感じさせる。
 
 
◆適性
ダートでも東京コースとは相性が抜群。
 
1F延長となるが前走も最後まで伸び
 
ておりマイナスにはならない。
 
 
◆付加材料
鞍上は重賞に強いC.ルメール騎手。
 
データで勝ち馬の特徴は1~2番人気の
 
前走重賞1着馬と出ており出走馬中、
 
唯一該当する可能性が高い。
 
 
◯ インティ
 
◆能力
昨年の優勝馬。近走、復調気配。
 
 
◆適性
地方の深いダートよりスピードを活か
 
せる軽い馬場の方が合っている。
 
今回は同型も少なく無理せずにハナを
 
奪えそうなメンバー構成。
 
展開的に自分の形で競馬ができそうだ。
 
 
◆付加材料
鞍上は騎手会長の武豊騎手。
 
ハナを主張すれば周りは競りづらい。
 
 
△ ワイドファラオ
 
◆能力
ユニコーンS勝ち。根岸Sは0.5秒差。
 
勝ち切るには微妙も3着なら
 
 
◆適性
ユニコーンS勝ちがあるように適性と
 
実績のある舞台。
 
今回は先行勢手薄で展開の利あり。
 
 
◆付加材料
データでは4歳馬の勝率が最も高い。
 
今回出走の4歳馬3頭の内、この馬が
 
一番条件に合いそう。3着ならある。
 
 
△ ワンダーリーデル
 
◆能力
アハルテケS、武蔵野S勝ち。
 
勝ち切るには微妙も3着なら
 
 
◆適性
東京ダート1600は実績が示す通りの
 
得意舞台。
 
脚質からどうしても展開に左右される
 
が、ハマれば上位進出は可能だろう。
 
 
 
 
 
 
 
◉ 12 モズアスコット
 
◯ 05 インティ
 
△ 03 ワイドファラオ
 
△ 16 ワンダーリーデル
 
 
 
 
三連単◉1着 ◯2着固定
 
△印各馬へ   <各1点>
 
 
合計 2点 買い
 
 
 
◆◆メインレース軍資金稼ぎ◆◆
++データからの穴馬公開++
⇒⇒ 人気ブログランキングへ
 
( ランキング欄にて公開/6位前後 )
 
 

競馬・データ理論ランキング