競馬回収率研究所

1点買い(ローリスクハイリターン)にこだわった競馬予想ブログです

第54回 小倉大賞典◆◆重賞予想◆◆

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
● レースの傾向
 
1)人気
過去5年間で1着馬は1~4番人気、
 
2着馬は1~15番人気から出ている。
 
ヒモ荒れ傾向のレースと言えるだろう。
 
 
2)前走クラス
1着馬の前走は3勝クラス以上。
 
2着馬の前走はOP特別以上
 
 
3)前走着差
1着馬の前走は勝っているか、負けて
 
0.5秒差以内が条件。
 
例外は前走GⅠ出走のケース。
 
2着馬の前走は勝っているか、負けて
 
0.5秒差以内が条件。
 
例外は前走重賞出走のケース。
 
 
4)脚質
今開催の小倉芝コースは逃げ有利。
 
ただ先週から外差し傾向が目立って
 
おり傾向の変化がありそうだ。
 
過去5年間の傾向ではとにかく逃げ馬
 
有利。次いで先行馬。中団以降はほぼ
 
ノーチャンス。
 
 
 
 
◉ ヴェロックス
 
◆能力
昨年のクラシック三冠レースで2着、
 
3着、3着。
 
サートゥルナーリアやダノンキングリ
 
ーと互角に戦った。GⅠタイトルこそ
 
ないが能力はほぼGⅠ級
 
 
◆適性
小倉は新馬戦圧勝の舞台。
 
広いコースより小回り、長距離より中
 
距離に適性があり今回の舞台はドンピ
 
シャの可能性もある。
 
 
◆付加材料
この実績で57kgなら
 
 
◯ ナイトオブナイツ
 
◆能力
昨年の当レース4着馬(0.3秒差)。
 
福島記念4着、巴賞2着など実績あり
 
ローカル重賞なら足りるだろう
 
 
◆適性
昨年の当レースでは1~7着まで先行
 
馬独占の中、本馬だけが4角9番手か
 
ら追込み4着に入った。
 
先週から馬場が外差しへ傾向の変化を
 
みせており、ハマれば昨年以上も十分
 
あり得る。
 
 
◆付加材料
前走ディセンバーSでは上がり1位。
 
ハマれば好走しても驚けない
 
 
☆ アンノートル
 
◆能力
前走の中山金杯は54kgで0.5秒差。
 
昨年のエプソムCは56kgで0.7秒差。
 
今回は54kgでの出走。
 
頭はともかくヒモ穴なら足りる
 
 
◆適性
アイルハヴアナザー、母父タイキ
 
シャトルから荒れた芝への適性を感
 
じさせる。
 
重馬場でも1勝あげており雨が降って
 
も問題ない。
 
 
◆付加材料
今開催の小倉芝コースはミスタープロ
 
スペクター系がよく走っており、その
 
データとも一致する。
 
 
 
 
 
 
 
◉ 06 ヴェロックス
 
◯ 07 ナイトオブナイツ
 
☆ 08 アンノートル
 
 
 
 
馬連◉軸 印各馬へ   <各1点>
 
合計 2点 買い
 
 
 
◆◆メインレース軍資金稼ぎ◆◆
++データからの穴馬公開++
⇒⇒ 人気ブログランキングへ
 
( ランキング欄にて公開/6位前後 )
 
 

競馬・データ理論ランキング