競馬回収率研究所

1点買い(ローリスクハイリターン)にこだわった競馬予想ブログです

第70回 ダイヤモンドステークス◆◆重賞予想◆◆

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
● レースの傾向
 
1)人気
過去5年間で1着馬は1~4番人気、
 
2着馬は2~8番人気から出ている。
 
本命サイド~中穴クラスのレースと
 
言えるだろう。
 
 
2)前走クラス
1着馬の前走はOP特別以上。
 
2着馬の前走は2勝クラス以上か海外
 
遠征帰り
 
 
3)前走着差
1着馬の前走は0.5秒差以内。前走重賞
 
の限り0.9秒差まで許容範囲。
 
2着馬の前走は0.5秒差以内。51kg
 
下の軽量馬に限り0.9秒差まで許容
 
範囲。前走海外遠征組は結果は不問。
 
 
4)脚質
今開催の東京芝2000m以上では逃げ
 
馬の勝率が若干有利も先行~後方まで
 
勝率に大差はない。
 
枠で内有利の傾向が出ているため内を
 
通り逃げ・先行馬か内から差してくる
 
馬が有利だろう。
 
過去5年間の傾向では後方追込み馬の
 
勝率が一番高い。
 
 
 
 
◉ メイショウテンゲン
 
◆能力
弥生賞1着、ステイヤーズS4着(0.4
 
秒差)。GⅢなら力上位。
 
得意条件で力を発揮する一方、条件が
 
合わないと全く走らないタイプ。
 
 
◆適性
重馬場や時計のかかるタフな馬場を
 
得意とする傾向。
 
現在の東京の馬場と3400mという
 
この距離はいかにも条件が合いそう。
 
力さえ出せれば能力的にも実績的にも
 
勝ち負けで狙い目。
 
 
◆付加材料
レース当日午前中に雨予報で追い風。
 
 
◯ タガノディアマンテ
 
◆能力
きさらぎ賞2着、スプリングS4着と
 
3歳春に素質の片りんをみせていたが
 
前走の万葉Sでは圧勝。
 
能力は重賞級でここも上位争いになる。
 
 
◆適性
前走の万葉S圧勝の実績が示すように
 
距離が延びて良いタイプ。
 
菊花賞も0.6秒差と着順ほど負けてい
 
ない。東京コースは未勝利勝ちもあり
 
マイナスにはならない。
 
 
◆付加材料
鞍上川田将雅騎手はプラス材料。
 
 
☆ オセアグレイト
 
◆能力
前走3勝クラスを勝ってオープン入りした4歳馬。OPや重賞での好走はなく実績不足。ただ、前走の迎春Sは3勝クラスとはいえ素質馬揃いの好メンバー。そこを0.4秒差完勝はインパクト強い。未勝利から3連勝、前走で再び勢いに乗り始めた。GⅢのハンデ戦なら通用の可能性は十分あり特注馬に指名
 
 
◆適性
2200~2600mで勝ち上がっておりスタミナは十分。東京コースも4戦2勝で複勝率は100%。好位とれる器用さもあり堅実な走りをする。
 
 
◆付加材料
まだ底をみせていない強みがある。
 
 
△ タイセイトレイル
 
◆能力
アルゼンチン共和国2着、日経新春杯
 
4着とGⅡで好走している。
 
近走、GⅠのジャパンCを除けば大崩れ
 
なく堅実な走り。
 
 
◆適性
2500m以上の連対率60%。
 
東京競馬場での連対率50%。
 
長距離適性と持続力ある末脚はこの
 
舞台に向きそう。
 
 
◆付加材料
2月は3戦3勝でこの時期は走る
 
 
 
 
 
 
 
◉ 14 メイショウテンゲン
 
◯ 07 タガノディアマンテ
 
☆ 01 オセアグレイト
 
△ 11 タイセイトレイル
 
 
 
 
馬連◉軸 印各馬へ   <各1点>
 
 
合計 3点 買い
 
 
 
◆◆メインレース軍資金稼ぎ◆◆
++データからの穴馬公開++
⇒⇒ 人気ブログランキングへ
 
( ランキング欄にて公開/6位前後 )
 
 

競馬・データ理論ランキング