競馬回収率研究所

データから的中率、回収率を解析して勝てる馬券の研究をしています

富士S◆◆重賞予想◆◆

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
想定馬場状態:稍重
 
 
マイルCSを見据えた前哨戦。
 
絶対的な存在が不在の難しい一戦で
 
何が勝っても驚けないメンバー構成。
 
先週の東京芝コースの傾向から
 
ヘイルトゥリーズン系のキレ味勝負の
 
馬を取り上げたい。
 
◉ カテドラル
 
同コースで行われたNHKマイルCの
 
3着馬。前走、中京記念は内が伸びる
 
馬場状態のなか外枠が仇となった。
 
参考外の一戦と考えていいだろう。
 
今回は好走した東京1600が舞台。
 
NHKマイルCではケイデンスコールに
 
次ぐ上がり2位であり切れ味勝負は
 
得意とするところ。
 
これは現在の東京芝を好走する条件に
 
当てはまっている。NHKマイルCで
 
0.1秒差で敗れたアドマイヤマーズは
 
今回57kgを負担する一方カテドラル
 
は54kgと3kg差は大きいだろう。
 
鞍上に外国人騎手(A.シュタルケ)を
 
配したのも勝負モードの表れであり、
 
得意コース、恵量を武器に混戦から
 
抜け出すシーンは十分にあるだろう。
 
 
 
 
 
 
 
◉ 10 カテドラル
 
◯ 07 アドマイヤマーズ
 
☆ 15 ロジクライ
 
△ 04 トミケンキルカス
 
 
 
 
 
 
 
◉ 単勝 <1点>
 
◉ から 印各馬へ馬連 <各1点>
 
合計 4点 買い
 
 
 
◆◆メインレース軍資金稼ぎ◆◆
++データからの穴馬公開++
⇒⇒ 人気ブログランキングへ
 
( ランキング欄にて公開/8位前後 )
 
 

競馬・データ理論ランキング