競馬回収率研究所

一定の的中率を確保しつつも回収率100%超の馬券パターンを研究しています

新潟記念◆◆重賞予想◆◆

 
 
 
 
 
 
[ PR ]
本日の厳選勝負レース回収率馬券
 
【 note 】で掲載しています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【 参考リンク 】
 
 
まず当レースの過去の傾向から。
 
 
①5歳馬以上が優勢
 
新潟芝2000mで施行された過去10年の
 
勝ち馬10頭のうち8頭が5歳馬以上。
 
4歳馬の優勝は1頭、3歳馬は昨年の優勝
 
馬のブラストワンピース。3歳馬の優勝は
 
GⅠ級なら可能といったところか。
 
4歳馬は勝率4.5%、連対率13.6%と苦戦
 
傾向で5歳馬が主力の傾向だ。
 
 
②ディープインパクト産駒
 
同コース(新潟芝2000m)でのデータ
 
から、ディープインパクト産駒、5歳馬、
 
1~3番人気と3つの条件が揃えば複勝
 
率は100%となる。
 
3-0-2-0/5 連対率:60.0%
 
 
③前走小倉記念組が中心
 
新潟芝2000mで施行された過去10年の
 
勝ち馬10頭のうち6頭が前走小倉記念組。
 
前走小倉記念で勝ち馬から0.5秒差以内に
 
好走した馬の成績が優秀だ。
 
・前走小倉記念で0.5秒差以内
 
6-0-1-20/27 連対率:22.2%
 
 
 
 
 
 
◎はカデナ
 
当日のオッズ次第ではあるが①~③の好走
 
データにほぼ完璧に合致している。
 
前走の小倉記念では上がり1位の末脚で
 
4連勝中のメールドグラースにクビ差まで
 
迫っている。もともとラジオNIKKEI杯や
 
弥生賞を勝っている馬であり皐月賞でも
 
3番人気に支持されたほど。
 
皐月賞以降は勝てない競馬が続いたが3走
 
前の福島民報杯あたりから調子が戻り始め
 
ていた。本来の実績からすれば小倉記念の
 
好走は当然の結果だろう。
 
調子が戻れば能力的にGⅢは普通に勝てる
 
だろうしデータも後押ししている。
 
2年ぶりの重賞制覇を期待して本命とする。
 
 
◯はセンテリュオ
 
前走、マーメイドSでは1番人気に押された
 
素質馬。デビューからの連対率は80%で大
 
崩れが少ない。斤量1kg減も有利。
 
 
 
 
 
 
▲はレイエンダ
 
ム駆けタイプだが前走と同じだけ走れば
 
好走する能力はある。
 
鞍上C.ルメール騎手も強調材料。
 
 
☆はショウナンバッハ
 
昨年の3着馬。追込み一辺倒だがハマると
 
一気に上位進出する破壊力はある。
 
そろそろ芝コースも外差しが効いてきそう
 
な頃合いで、本馬の末脚を警戒して特注馬
 
として押さえたい。
 
 
 
 
 
◎ 【06】カデナ
 
◯ 【16】センテリュオ
 
 【09】レイエンダ
 
☆ 【12】ショウナンバッハ
 
 
 
[ PR ]
本日の厳選勝負レース回収率馬券
 
【 note 】で掲載しています。
 
 
 
 

競馬・データ理論ランキング