競馬回収率研究所

一定の的中率を確保しつつも回収率100%超の馬券パターンを研究しています

札幌2歳S◆◆重賞予想◆◆

 
 
 
 
 
 
[ PR ]
本日の厳選勝負レース回収率馬券
 
【 note 】で掲載しています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【 参考リンク 】
 
 
まず当レースの過去の傾向から。
 
 
キングカメハメハ産駒
 
1~3番人気に限定したデータでも
 
成績は振るわない。
 
・キングカメハメハ産駒(1~3番人気)
 
0-0-1-5/6 連対率:0.0%
 
唯一の3着も1枠のクラージュゲリエ。
 
キングカメハメハ産駒の1枠は走るので
 
1枠を除けば1~3番人気に支持されなが
 
ら5頭全てが馬券圏外ということになる。
 
 
②前走上がり3F
 
札幌芝1800mで施行された過去9年の
 
勝ち馬9頭のうち8頭が前走の上り3Fが
 
1位だった。
 
2着馬9頭のうち7頭が前走の上り3Fが
 
2位以内だった。
 
 
③クローバー賞/コスモス賞
 
前走がクローバー賞、コスモス賞の馬は
 
勝ち馬が実績を残す傾向。
 
・前走クローバー賞2着以下
 
1-0-0-8/9 連対率:11.1%
 
・前走コスモス賞2着以下
 
0-0-1-10/11 連対率:0.0%
 
 
④頭は6番人気以内
 
札幌芝1800mで施行された過去9年の
 
勝ち馬9頭のうち9頭全てが1~6番人気
 
だった。
 
2着馬9頭のうち7頭が1~6番人気
 
だった。
 
 
⑤前走人気(新馬・未勝利組)
 
札幌芝1800mで施行された過去9年の
 
勝ち馬9頭のうち7頭が前走新馬戦か
 
未勝利戦の勝ち馬であった。
 
7頭の前走新馬戦か未勝利戦の勝ち馬のう
 
ち前走1番人気だった馬は6頭、2~3番
 
人気だった馬は1頭、4番人気以降だった
 
馬は複勝圏内1頭(複勝率4.5%)だった。
 
 
 
 
 
 
◎はゴルコンダ
 
前走が圧巻の内容。
 
逃げてレコードの1:48.3では後続は何も
 
できないだろう。
 
2着馬のプントファイヤーは新馬戦で今回
 
有力馬のサトノゴールドと0.2秒差の競馬。
 
単純比較はできないが、その馬を1.8秒も
 
ちぎるのだからエンジンが違うのだろう。
 
新馬戦は3着に敗れるも4コーナースッと
 
上がってくる脚には見どころがあった。
 
直線伸びない内に入れてしまったことが
 
敗因の一つだろう。
 
今回は圧勝した札幌芝1800mの舞台で
 
前走と同じだけのパフォーマンスを発揮す
 
れば重賞とはいえ勝ち負けだろう。
 
 
◯はディアセオリー
 
前走1番人気で上がりが3位と好走データ
 
には合致している。
 
新馬戦で2着に負かしたココロノトウダイ
 
が次走すぐに勝ち上がっておりレベルの高
 
い新馬戦であったことが伺える。
 
 
 
 
 
 
▲はダーリントンホール
 
前走1番人気で上がりが1位と好走データ
 
には合致している。
 
新馬戦で2着に負かしたコスミックエナジ
 
が次走すぐに勝ち上がっておりレベルの
 
い新馬戦であったことが伺える。
 
 
☆はヨハネスボーイ
 
前走クローバー賞2着馬。
 
3番人気で上がり3位と好走データには合致
 
している。クローバー賞の2着馬は一度勝っ
 
た実績もあるので気にしなくてもいいだろう。
 
門別でのレース含めてキャリア5戦のベテラン
 
であり前走の伸び脚には目つものがあった。
 
◎ゴルゴンダのスピードに他馬が潰される
 
ような展開になったときに本馬のようなしっ
 
かりとした末脚で最後まで走れる馬が着を拾
 
う可能性があり、キャリアと末脚、鞍上の技
 
術も考慮して特注馬に指名する。
 
 
 
 
 
◎ 【10】ゴルコンダ
 
◯ 【09】ディアセオリー
 
 【01】ダーリントンホール
 
☆ 【04】ヨハネスボーイ
 
 
 
[ PR ]
本日の厳選勝負レース回収率馬券
 
【 note 】で掲載しています。
 
 
 
 

競馬・データ理論ランキング