競馬回収率研究所

一定の的中率を確保しつつも回収率100%超の馬券パターンを研究しています

キーンランドカップ◆◆重賞予想◆◆

 
 
 
 
 
 
[ PR ]
本日の厳選勝負レース回収率馬券
 
【 note 】で掲載しています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【 参考リンク 】
 
 
札幌は雨の影響で馬場の悪化が予想され
 
る。先週までの良馬場のレースでは短距
 
離戦では外差しが決まる馬場状態だった。
 
雨の影響でキレが鈍れば時計がかかる
 
パワー型が台頭する可能性もあり、過去
 
の傾向+馬場悪化の要素を織り交ぜて
 
予想を組み立てていく。
 
 
 
 
 
 
◎はシュウジ
 
3年前の当レース2着馬。
 
当時はまだ3歳馬で53kgで出走と恵まれ
 
ていた面はあっただろう。
 
その後のスプリンターズS(GⅠ)でも
 
4着、続く阪神C(GⅡ)優勝と、元々
 
芝では重賞級の活躍をしていた馬。
 
4歳以降勝てない低迷期が続くが、3走前
 
の千葉Sでダートのレースではあるが久々
 
に復活となる優勝。ダート交流重賞である
 
北海道SCでもダートの強敵を相手に5着と
 
健闘して良い頃のリズムを戻しつつある。
 
今回は久々の芝の重賞となるが馬場が渋る
 
見通しで、ダートで実績のある芝の重賞馬
 
にとって格好のチャンスであると考える。
 
条件揃った今回は期待の本命とする。
 
 
◯はセイウンコウセイ
 
短距離重賞では常連の実力馬。
 
前走のCBC賞では不良馬場のなか、強敵
 
相手に58kgで小差3着と結果を出した。
 
前々走の高松宮記念2着のように逃げなく
 
ても競馬はできる馬。
 
近走は安定感もあり実力を素直に評価して
 
対抗評価とする。
 
 
 
 
 
 
▲はダノンスマッシュ
 
昨年の当レース2着馬。
 
昨年は3歳馬だったこともあり53kgでの
 
出走だったが今年は57kgになった。
 
4kg増をどう考えるかだが、56.5kgの
 
シルクロードSでは優勝しており鞍上強化
 
(川田騎手への乗り替わり)のプラス材料
 
もあることから3番手評価とした。
 
 
☆はナックビーナス
 
昨年の当レース勝ち馬。
 
54kgだったこと、好スタートでハナに
 
立てたこと、モレイラ騎手の巧妙な手綱
 
さばきがあったことなど恵まれた面が
 
あったことは否定できない。
 
それでも今年は1kg増の55kgでの
 
出走。鞍上も岩田騎手が配されて昨年から
 
条件が大幅に落ちた訳ではない。
 
ハナに立っての逃げ切りのイメージだが
 
カーバンクルSやオーシャンSでは3番手
 
からの競馬で2着と結果を出している。
 
エルムS、札幌記念、北九州記念と前年
 
好走のいわゆるリピーターが走っており
 
同条件のレースで好走した事実は軽視でき
 
ないことから特注馬に指定して押さえたい。
 
 
 
 
 
◎ 【08】シュウジ
 
◯ 【04】セイウンコウセイ
 
 【13】ダノンスマッシュ
 
☆ 【01】ナックビーナス
 
 
 
[ PR ]
本日の厳選勝負レース回収率馬券
 
【 note 】で掲載しています。
 
 
 
 

競馬・データ理論ランキング