競馬回収率研究所

一定の的中率を確保しつつも回収率100%超の馬券パターンを研究しています

レパードS◆◆重賞予想◆◆

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【 参考リンク 】
 
まず当レースの過去の傾向から。
 
①前走逃げ・先行
 
新潟ダート1800mは先行馬有利の
 
定番コース
 
・前走が逃げ・先行だった馬
6- 9- 5- 60/80 連対率: 18.8%
 
・前走が中団~後方追走だった馬
4- 1- 3-54/62 連対率: 8.1%
 
逃げ・先行以外はノーチャンスという
 
訳ではないが、逃げ・先行がかなり
 
有利なのは間違いないだろう。
 
 
②前走9着まで
 
前走10着以上の二ケタ着順馬の
 
好走例は過去10年で1頭のみ。
 
 
例外的勝ち馬アジアエクスプレス
 
前走ユニコーンSの1番人気馬。
 
前走重賞で1番人気になるような馬は
 
例外扱いできるかもしれないが今回の
 
出走馬にその条件に該当する馬はいな
 
いので例外は無しでいいだろう。
 
 
③前走1800m以上
 
・前走1800m以上
7- 9- 6- 67/89 連対率:18.0%
 
・前走1700m以下
3- 1- 4- 48/56 連対率: 7.1%
 
前走1700m以下から
 
・前走ユニコーンS組
 
・前走1番人気馬
 
上記2点を除外すると
 
0- 0- 1- 25/26 連対率: 0.0%
 
前走ユニコーンSか前走1番人気で
 
あれば例外扱いできるが、そうでなけ
 
れば前走1800m以上を経験している
 
馬から狙うのが無難だろう。
 
 
以上のデータを参考に予想を組み立てる。
 
 
 
 
 
◎はブラックウォーリア
 
好走データに全て一致している。
 
デビューから6戦を芝を使っていたが
 
ダートに替わって成績が一変した。
 
伏竜Sは4着といえど先着を許した馬は
 
デアフルーグマスターフェンサー
 
ラインカリーナと世代を代表するダート
 
馬たちでやむを得ない一戦だったと
 
言えるだろう。
 
前走インディアTでは古馬2勝クラス相手
 
にレコードで圧勝する充実ぶり。
 
重賞といえどこのメンバー相手なら十分
 
通用するとみて本命に据えたい。
 
 
◯はデルマルーヴル
 
好走データに全て一致している。
 
前走ジャパンダートダービー2着馬。
 
恐らく1番人気と思われるが実績的
 
にも好走データに一致してる点からも
 
連に絡んでくる可能性は高く対抗以下
 
には落とせないと考える。
 
ただ、過去全てのレースで鞍上は
 
超一流騎手であったが、今回は吉田
 
隼人騎手が手綱をとる。
 
同じレベルのパフォーマンスを発揮
 
できるか半信半疑なところもあり、
 
その点から本命ではなく対抗評価。
 
 
▲はアッシェンプッテル
 
先行馬というよりもマクリをかけて
 
4角好位にいるタイプの馬。
 
脚質以外は好走データに一致。
 
デビュー3戦目の500万下で先行する
 
レースで結果が出ないとみるや、後方
 
から早めにマクる戦法が定着。
 
前走鷹取特別では古馬2勝クラスを相手
 
に後方からグングン加速して大外から
 
先行集団に並びかけて突き抜ける圧巻の
 
内容で勝利している。
 
これだけのレースができれば手薄な3歳
 
同士なら重賞でも通用するだろう。
 
鞍上の城戸義政騎手の成績には疑問も
 
余地もあるがデビューから5戦全ての
 
レースで手綱をとり5戦3勝の成績を
 
残している。
 
この馬に関しては信頼して3番手評価。
 
 
☆はビルジキール
 
前走1700mで5~6番手を追走。
 
前走着順こそ好走データに一致して
 
いるが、本来はデータ的に「消し」。
 
しかし前々走猪苗代特別では古馬2勝
 
クラス相手にレコードの圧勝。
 
前走安達太良Sでは正攻法の競馬で
 
0.2秒差の2着。
 
この時期の3歳馬が古馬3勝クラス相手
 
に互角に戦えるというのは素質だけでも
 
重賞級の器とみていいだろう。
 
今回あまり人気がない点からも馬券的に
 
旨味があり特注馬として抑える必要が
 
あるだろう。
 
 
 
 
 
 
 
◎ 【07】ブラックウォーリア
 
◯ 【10】デルマルーヴル
 
 【14】アッシェンプッテル
 
☆ 【15】ビルジキール
 
 
 

競馬・データ理論ランキング