競馬回収率研究所

一定の的中率を確保しつつも回収率100%超の馬券パターンを研究しています

中京記念◆◆重賞予想◆◆

 

f:id:lesmon:20190720023630p:image

 

f:id:lesmon:20190720023634j:image
 
 

f:id:lesmon:20190720023627p:image

 
 
 
 
 
 
 

f:id:lesmon:20190720023623p:image

 
 
【 参考リンク 】
 
 
まず当レースの過去の傾向から。
 
①関東馬優勢
 
関東馬(美浦所属馬)
3- 0- 1- 14/ 18 勝率: 16.7%
 
関西馬(栗東所属馬)
4- 7- 6- 72/ 89 勝率: 4.5%
 
 
頭は関東馬が狙い目。
 
勝算を見込んで遠征してくるだけに
 
勝率は高く期待できるだろう
 
 
 
②前走条件戦出走馬は苦戦
 
前走条件戦
0- 0- 1- 6/ 7 連対率: 0.0%
 
 
前走条件戦出走馬は成績に関わらず
 
連対実績はない。
 
【 該当馬 】
 
レインボーフラッグ
 
 
 
③3歳馬/4歳馬/7歳馬は苦戦
 
3歳馬/4歳馬/7歳馬
0- 1- 2- 24/ 27 連対率: 3.7%
 
 
データ的には、ほぼ5歳馬と6歳馬で
 
連対馬は占められている。
 
キャリアが浅過ぎてもベテラン過ぎても
 
良くないのだろう。
 
【 該当馬 】
 
エントシャイデン
 
ヴェネト
 
ジャンダルム
 
グルーヴィット
 
クリノガウディー
 
プリモシーン
 
ツーエムマイスター
 
コスモイグナーツ
 
カテドラル
 
キャンベルジュニア
 
 
 
前走「良馬場」以外経験馬
 
前走馬場状態「良」
3- 5- 6- 78/ 92 連対率: 8.7%
 
前走馬場状態「稍重」
2- 2- 0- 7/ 11 連対率: 36.4%
 
前走馬場状態「重」
1- 0- 1- 2/ 4 連対率: 25.0%
 
前走馬場状態「不良」
1- 0- 0- 1/ 2 連対率: 50.0%
 
データ数は少ないが、前走で多少タフな
 
馬場を経験した馬の連対率は優位な傾向
 
にある
 
【 該当馬 】
 
グランドボヌール(不良)
 
ツーエムマイスター(稍重)
 
ロワアブソリュー(稍重)
 
コスモイグナーツ(稍重)
 
ヒーズインラブ(稍重)
 
 
以上のデータを参考に予想を組み立てる。
 
 
 
 
 
◎はロードクエスト
 
上に挙げた苦戦傾向のデータに該当せず。
 
今回4頭出走している関東馬の内の1頭で
 
関東馬の勝率については既出の通り。
 
近走、GⅠでは1.0秒以内、GⅡ以下では
 
0.5秒以内に好走を続けており、メンバー
 
がレベルダウンする今回はチャンスだろう。
 
鞍上M.デムーロ騎手との相性も良く、本馬
 
に騎乗した際の連対率は75%を誇る。
 
・M.デムーロ×ロードクエスト
 
2- 1- 0- 1/ 4 連対率: 75.0%
 
M.デムーロ騎手は中京芝1600mのコースも
 
得意にしており連対率は43%を誇る。
 
5- 1- 1- 7/ 14 連対率: 42.9%
 
相手関係に恵まれ、条件と騎手が揃った今回
 
は勝ち負けする絶好のチャンスだろう。
 
 
◯はグランドボヌール
 
上に挙げた苦戦傾向のデータに該当せず。
 
前走CBC賞では0.6秒差の6着に健闘。
 
CBC賞は不良馬場で行われており、前走
 
不良馬場経験馬の勝率は既出の通り。
 
中京のコース巧者であり、中京芝レース
 
出走時の勝率は75%を誇る。
 
3- 0- 0- 1/ 4 勝率: 75.0%
 
今回1枠1番からの発走だが1枠のデータ
 
は全8枠中最も優位な傾向にある。
 
8- 3- 1- 41/ 53 連対率:20.8%
 
本馬は先行してレースを進めるケースが
 
多く、特殊なコース形態から1枠は先行馬
 
にとって有利な枠と言えるだろう。
 
今回からベテランの和田騎手へ乗り替わり
 
となっており、この辺も陣営の勝負気配が
 
伺える。
 
実績からマイルは多少長い印象だが、これ
 
だけ条件が揃った今回は2番手評価に抜擢。
 
 
▲はヒーズインラブ
 
上に挙げた苦戦傾向のデータに該当せず。
 
大崩れが少なく堅実に走る馬。
 
前走は「稍重」馬場を経験しており
 
その点は強調材料。
 
稍重馬場経験馬の勝率は既出の通り。
 
今回7枠13番からの発走。
 
外目の枠は一見不利にも思えるが
 
データ的に7枠は1枠に次ぐ好成績。
 
8- 5- 6- 51/ 70 連対率:18.6%
 
マイナス材料もなく好条件揃った今回
 
は3番手評価とした。
 
 
☆はプリモシーン
 
4歳牝馬のため苦戦データに該当。
 
本来なら「消し」としたいところだが
 
前走G1(ヴィクトリアマイル)を上位
 
人気(4番人気)で2着するほどの実力派
 
の参戦は初めてのケースで過去の傾向を
 
覆すだけの可能性がある。
 
近2走は本格化の兆しを見せており、適性
 
を超えて絶対能力を評価。
 
加えて鞍上の福永騎手は中京芝1600mを
 
得意としており連対率は40%を誇る。
 
6- 2- 3- 9/ 20 連対率:40.0%
 
人馬ともに高い能力をもっており特注馬と
 
して指名する。
 
 
 
 
 

f:id:lesmon:20190720023619p:image

 
◎ 【11】ロードクエスト
 
◯【01】グランドボヌール
 
【13】ヒーズインラブ
 
【07】プリモシーン
 
 
 
[ PR ]
今週の「函館2歳S◆◆重賞予想◆◆
 
【 note 】にて公開。
 
 
 
 

競馬・データ理論ランキング