競馬回収率研究所

一定の的中率を確保しつつも回収率100%超の馬券パターンを研究しています

宝塚記念◆◆重賞予想◆◆

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【 参考リンク 】
 
 
まず当レースの過去の傾向から。
 
①5歳馬優勢
 
4歳:3- 2- 6- 36/ 47 勝率:  6.4%
5歳:6- 4- 4- 31/ 45 勝率:13.3%
6歳:1- 3- 0- 21/ 25 勝率:  4.0%
 
4歳馬、6歳馬からも勝ち馬は出ている
 
ものの、勝率的には5歳馬が秀でている。
 
 
②ステイゴールド優勢
 
5-0-0-9/ 14 勝率:35.7%
(過去10年宝塚記念集計)
 
ゴールドシップ、オルフェーブル、ドリー
 
ジャーニーなど人気サイドが走る傾向に
 
あるが8番人気のナカヤマフェスタなど
 
人気薄でも激走の実績はある。
 
 
③前走はOP2着以内(海外レース含む)
 
ただし例外があり天皇賞(春)だけは
 
着順問わず好走実績がある。
 
条件が全く違うレースだけに度外視して
 
いいということだろう。
 
(好走例)
 
ミッキーロケット 天皇賞春4着⇒1着
 
ゴールドシップ 天皇賞春7着⇒1着('14)
 
ゴールドシップ 天皇賞春5着⇒1着('13)
 
オルフェーブル 天皇賞春11着⇒1着
 
ドリームジャーニー 天皇賞春3着⇒1着
 
 
逆に前走が天皇賞(春)以外の場合、
 
OP2着以内の結果が求められる。
 
2-3-2-61/ 68 勝率: 2.9%
(前走OP3着以下の過去10年集計)
 
マリアライト、ラブリーデイ、ナカヤマ
 
フェスタといった人気薄も前走OP2着以内
 
条件を満たしていた。
 
 
以上のデータを参考に予想を組み立てる。
 
◎はキセキ
 
5歳馬で前走は大阪杯2着と好走データに
 
該当する。
 
大阪杯ではラチ沿いの経済コースを通った
 
馬が上位を独占しているように内と外の
 
場差がかなり影響を及ぼしたしたレース。
 
キセキは1頭分外を終始追走しての2着。
 
ゴール前の脚色も勝ち馬を上回っており
 
200mの距離延長と1番枠で今回は最有力。
 
 
 
以下、予想全文はnoteにて公開しています。
 
【 note 】